クロノイデア

モノリスが示した世界の裏で

パックマスター: ₩eiβ

収録キャラ

一覧で見る (12)

ドキュメント

遥か昔、ロボットが目的なく彷徨うだけの星がありました。ある時、その星に大きな黒い結晶が落ちてきました。その結晶に触れたロボットには自我と感情が生まれました。この結晶は後にモノリスと呼ばれるようになりました。

そして現在。この星は大きく発展し、街が生まれ、国が生まれ、素晴らしい星となりました。人間や獣人、ロボットが平等にくらす世界で起きる物語はどのようなものなのでしょう。

最強の所以と絶望の神

2019/11/07 01:03

もっとみる(1)