通常技フラッシュブレード&白薔薇

通常技

異なる二振りの剣に霊力を乗せて、剣の攻撃範囲を霊気で延長させる
フラッシュブレードは、相手を閃光にて目眩しすることが可能
白薔薇は刃先から花弁型の斬撃を飛ばすことが可能

必殺技エルゼム

必殺技

精霊族発祥の地とされる技名ではあるが、マーリア自身は自分が精霊型のホムンクルスではなく、悪魔型のホムンクルスだと思っている為『魔翔』と呼んでいる 両羽の先端に霊気を溜めて、拡散レーザーを放つ

キャラクタープロフィール

昔の魔王軍に造られた五人目の精霊型ホムンクルス
魔王軍創始者バースの記憶を受け継いでおり、彼同様に右目が見えておらず、翼が生えている
バースが昔のカンパニー産業国人体実験により悪魔との合成人間にさせられ、その復讐戦で右目を失った事の自己暗示を強める為にこの姿となった

バース自身は復讐を果たし80年前に死亡しているが、彼女はその前までの記憶を受け継がれている為、その事実は知らない

彼女は彼の記憶を自分の記憶として強い自己暗示かけ、保管されていた100年前の猛者である亡骸にライフラインを繋げて代理復讐を行い、カンパニー産業国を急襲するも、その最中に連れの猛者であるゼルラージが独自の生命線を築き、猛者全て彼女とのライフラインを遮断され、アンジェルノを連れて離反し、それにつられてスタードも離反、姿を消す

自身にはエクトーゼを残して全員いなくなり、かつて連れの猛者であるアルファーデが100年前にで6000万の悪魔を滅ぼして魔界を牛耳ったザヴァルグの復活予告をパフォーマンスした為
呼応するようにゼルラージが大国を支配して国々を侵略して力の管理を行い
スタードが魔界で人体実験を行って生体兵器を作って力の生産を行うことで、ザヴァルグ対抗し始める

それらによって自身の復讐がとんでもない大規模な混乱を作り出したことで、強い自己嫌悪に陥るも、復讐を忘れられず自暴自棄の状態でゼオンと戦う
その後、国に投獄されるがアルファーデがザヴァルグの真似事をこの国で行い、行為を察知したゼルラージとスタードが国への行軍を開始し、ゼルラージ自身はスタードと国の戦力を取り入れて管理を企み、スタードは祖先である九人姉妹の改造を企んでおり、アルファーデの捜索を優先しながらも三つ巴の戦いになってしまう

彼女はその罪滅ぼしの為に、スタード、ゼルラージ、アルファーデを倒すことを決意
ザヴァルグ復活はアルファーデによる戦争を加速させる為のの自作自演だった事が判明し、各組織のアルファーデ捜索の優先度が下がり、三つ巴の戦いが激化
マーリアはこの戦いで傷を負うも自身同様に記憶を受け継いまま眠っているホムンクルスのメイリスに自身の記憶とメッセージを上書きして彼女起動させたのを最期に死亡した

復讐したものの、それを償いたく、許されずも理解、共闘してくれた九人姉妹には感謝していた

キャラクター詳細

身長

153cm

1人称

2人称

あなた

好き

お酒、無垢な子供

嫌い

暴力

最終更新日時: 2019/12/09 00:11

btn_paro btn_paro

ログイン することでラヴできるようになります。
ログイン することでコメントできるようになります。

アーティスト

RASHE

:29 :114 :28

-Artist Homepage

関連キャラ

アーマル・サヴェッジ

マーリア、メイリスのプロトタイプとして造られたホムンクルス アーマルは50年前に魔王軍存在時にガントより連れ出されて復讐を沈静化していたため健全な時間を過ごしている

RASHE

ゼオン・ジークフリート

二度に渡って戦った相手 「いつか許せる時が来るまで、業を償い、生き続けてほしい」と言われた

RASHE

シェリエール・ジークフリート

共闘の際に「おまえはわたしがいないと どうしようもないばかだな」と言われた

RASHE

このキャラのコラボイラスト

orb

story

C

Art. RASHE

orb

赤と青の彼方へ

C

Art. RASHE

もっとみる(2)

このキャラが好きな人はこんなキャラも気に入っています

orb

化けギツネ

通常技:だまし討ち

必殺技:篝火

M

Art. 黒道ここあ

orb

バール・ランス

umimikun

通常技:薙ぎ払う

M

Art. レオナルド

orb

ロバート・ボーンズ

通常技:飲酒

必殺技:ロシアンルーレット

M

Art. AMJUPY

orb

エンデ《トイフェルside》

M

Art. 仕立屋A

orb

【ER】トト

通常技:悪魔の叡智 Lv.6

必殺技:悪魔の戯言 Lv.9

M

Art. おやすみ

orb

ムチェ

通常技:bacio

必殺技:Era tutto buono

M

Art. kanan